羽毛布団打ち直し/リフォームの作業内容について

お預かりサービス

羽毛布団打ち直し/リフォームの工程

お客様からお預かりした羽毛布団は、個別管理により以下の工程で打ち直し/リフォームしていきます。

個別管理カルテ」を作成

お客さま別に羽毛布団の「個別管理カルテ」を作成

お客様からお預かりした羽毛布団から羽毛を取り出して、羽毛の品質や状態、重量等を確認し、お客さま別に「個別管理カルテ」を作成します。
※お受けしたお客様の布団から取り出した「リフォーム前の羽毛と側生地の一部」をリフォーム(打ち直し)が完了するまで保管を行います。
リフォーム(打ち直し)完了後お客様に保管された「リフォーム前の羽毛と側生地の一部」をお送りしています。

TOPに戻る
羽毛の取り出しと個別管理

羽毛布団から羽毛を取り出して個別に管理

羽毛布団を解体を行い羽毛を取り出し個別に専用袋に入れ、個別にオゾン処理とチリ・ホコリなどを除去、洗浄から充填そして検査、出荷まで打ち直し(リフォーム)作業をしていきます。

回収時のご注意: ご依頼の羽毛布団のカバーなどは必ず取り外してください。

羽毛布団から羽毛を取り出す為に、布団生地を破断処理して羽毛を取り出します。 そのためカバーがある場合は同時に破断処理されます。 尚、羽毛布団自体が破けて中の羽毛が飛び出しおり、カバーを取り外せない場合などは、当社にご連絡 及び、ご相談ください。

TOPに戻る
オゾン処理とチリ・ホコリの除去

オゾン処理とチリ・ホコリなどを除去

取り出した羽毛を、洗浄する前にオゾン処理で殺菌・脱臭などの処理を行いながら、老朽化した羽毛をほぐし、チリやホコリ、ゴミなどを取り省いていきます。

TOPに戻る
洗浄処理

洗浄処理

最新鋭羽毛リフレッシュマシンで皮脂・尿素・古い角質などの汚れをミネラル分たっぷりの天然水を温め、そのお湯で羽毛を直接洗浄する本洗いをします。
※洗剤や薬品を一切使っていません。

TOPに戻る
乾燥処理

乾燥処理

洗浄と脱水後、羽毛を120℃の熱風ですばやく乾燥しふっくらさせ、つぎに、常温までゆっくりと冷却することにより、ふわふわで元気な羽毛にパワーアップします

TOPに戻る
羽毛を充填と縫製

新しい布団側生地に羽毛を充填と縫製

きれいになった羽毛を計測し、洗浄前の羽毛重量を参考に真新しい羽毛を補充します。
あらかじめお選びいただいた新しい羽毛布団の側生地にふわふわできれいになった羽毛を充填し、丁寧に縫製します。

TOPに戻る
最終検査

最終検査

仕上がった羽毛布団は、最新の金属検査器により異物混入の検査と、汚れや縫製など品質検査など行います。
発送のため梱包をおこない、お客様宛てに出荷します。


TOPに戻る